文字の大きさ

  • 拡大
  • 縮小
  • 元に戻す

配色

  • 青
  • 黄
  • 黒
  • 標準

地域福祉事業

東栄町社会福祉協議会では、町民の皆さんの温かいご理解とご協力をいただき次のような福祉事業を展開しています。

在宅福祉の推進

1.車いすの貸出し事業
病気やケガ等で車イスを一時的に必要な方にお貸しします。
  • ★利用料金  無料
  • ★貸出期間  6ケ月以内(更新もできます)
2.福祉車両貸し事業
車いす生活をされている方の外出支援として福祉車両(車いす用のスロープ付き車両)を貸し出しています。
  • ★利用料金  無料 ※使用分のガソリン代のみ負担
  • ★貸出期間  1ケ月に2日間
3.家庭介護支援事業(家庭介護用品支給事業)
要援護高齢者を在宅で介護している家族等への支援をします。
  • ★対象者  介護保険要介護3.4.5に認定された方を在宅で介護している家族
  • ★支給用品 紙おむつ、尿取りマット

高齢者福祉の推進

居宅介護支援事業介護を必要とされる方が、在宅で安心して生活できるように、ケアマネージャーがご本人様やご家族様の意向に沿ったサービスや利用する事業所を盛り込んだ「ケアプラン」を作成し、サービス事業所との連絡・調整などをおこないます。

<訪問介護事業>

訪問介護員(ホームヘルパー)がご利用者様の自宅などを訪問させていただき、ケアマネージャーにより作成された居宅サービス計画に基づいて日常生活上の必要なサービスの提供を行い、在宅での生活支援します。訪問介護員はご利用者様の人格を尊重し、心身の特性や状況など、その環境に応じてサービスが効果的に提供されるよう配慮するとともに、可能な限り在宅での生活が継続できるよう適切なサービスの提供に努めます。

障害者福祉の推進

<居宅介護支援事業>

利用者が居宅において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、ホームヘルパーが訪問し、身体介護、家事援助などのサービスを提供します。

児童福祉の推進

<福祉協力校活動の推進>

  • 1.小、中学校の児童・生徒を対象に社会福祉に関する実践学習の機会を提供し、社会福祉への理解と関心を高め、ボランティア・社会連帯の精神を養うとともに、あわせて地域社会との連携を深め「ふくしのまち東栄」をつくることを目的に福祉活動の推進を図ります。
  • 2.保育園の園児・保護者を対象に、社会福祉への理解と関心を高め、あわせて地域社会との連携を深め「ふくしのまち東栄」をつくりことを目的に福祉活動の推進を図ります。

お困りのときは?(貸付)

1.日常生活自立支援事業
権利侵害を受けやすい認知症高齢者・知的障害者・身体障害者の方に対して、自立した地域生活を安心して送ってもらえるように、福祉サービスの利用援助・日常金銭管理・通帳や諸書類・はんこ等の預りを行い、自立生活を支援するものです。
2.貸付資金
1)生活福祉資金
2)くらし資金

福祉団体の事務局

1.身体障害者福祉協議会
2.遺族会
3.老人クラブ連合会